薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

武蔵野大学

住みたい街ナンバー1の吉祥寺から通学

東京都西東京市に位置する武蔵野大学薬学部。
ここでは文・理・医療系の8学部10学科がともに学んでいます。
住みたい街ナンバー1の吉祥寺やそのお隣の三鷹からもバスが出ていて、周辺環境も充実。
武蔵野大学薬学部を受験する人に、キャンパスライフをレポート!

  • キャンパス風景
    緑に囲まれたキャンパス
    武蔵野大学の周辺は、たくさんの緑で溢れています。都会なのに空気がおいしい!
  • キャンパス風景
    全学部が学ぶ大規模な敷地
    バランスのとれたコミュニケーション力を育むため、全学部が集結。大規模な敷地が特徴。

突撃!キャンパススナップ

美しい自然の中で…
緑や花が豊かな美しい武蔵野大学は、毎日のびのびと勉強に励めそう!お弁当を外で食べるのも楽しみ。キャンパス内をスナップ!
  • キャンパスの魅力1(イメージ)
    緑に囲まれた自然豊かな
    校舎
    武蔵野大学の周辺や、キャンパスの中は緑で溢れていました。たくさんの木々や花が、随所に存在します。武蔵野の魅力がここにつまっているようですね!
  • キャンパスの魅力2(イメージ)
    のんびりできる芝生の広場
    緑豊かな武蔵野大学ですが、その象徴として憩いの広場も芝生です。所々に真白な椅子やテーブルが置かれていて、ここでのんびりしたら気持ち良さそう!
  • キャンパスの魅力3(イメージ)
    オシャレ率がなぜか高し!
    キャンパス内を歩いてみて、真っ先に目が行ってしまったのが、オシャレさん達。男女共、本当にオシャレ率が高いんです!吉祥寺が近いからかかも!?
  • キャンパスの魅力4(イメージ)
    ガラス張りの連絡通路
    都心のオフィスで見たことがあるような、ガラス張りがカッコいい連絡通路がありました。連絡通路からはテニスコートや梅の花も見え、解放感を感じます。
  • キャンパスの魅力5(イメージ)
    校内に東京三菱UFJのATM
    学校周辺は緑豊かな環境ばかり。ということで、武蔵野大学の校内には東京三菱UFJ銀行のATMが設置されています。校内にあるのは本当に助かるんですよね。

レポーターのココがよかった!

キャンパス風景
自然を最大限に活かした構内
武蔵野というと、自然が多いことでも有名ですが、武蔵野大学のキャンパスはその自然を本当にうまく利用していると思いました。
たくさんの木々で取り囲むようにキャンパスを設置しているから、静かで空気がおいしいし、広場にも芝生を使っているのがその環境にとても良く合っています。
それでいて、大学前のバス停からバスに乗れば、なんでも揃う若者の街吉祥寺にも行けるし!
バス利用ながらも、満足の好立地だと思います。

学生食堂へ行こう!

清潔感のあるオシャレな学食
武蔵野大学の食堂は、白と透明感を基調とし、オシャレで清潔感たっぷりです。
天井も高く、解放感があることが特徴。
ちょっと気になるのが、学生数5000人以上がこの広さで大丈夫?ということ。少し混雑が目立ちました。
野菜たっぷりの定食や、パスタなど、女の子も喜ぶメニューが多いのがポイント
メニューサンプルに添えられた花も素敵です。
  • 生徒数のわりにやや狭いのが気になるけど、食堂内はとってもキレイでオシャレ!カウンターが広くて、そこはあまり混雑しなそう。
  • 意外と定番なんだけど、定番なのに他の大学にはないようなメニューが多くて興味津々でした。おいしいところをついてきますね!
  • 学生食堂(イメージ1)

    学生食堂内は、白と透明感を基調として、清潔感たっぷり。天井が高く、ガラス張りが目立ち、解放感にも溢れています。窓やライトでいい雰囲気を醸し出しています。

  • 学生食堂(イメージ2)

    ランチA ホイコーとんかつ 420円ホイコーロと、とんかつのセットです。一品も添えられていて、お腹いっぱいになりそう。
    学食とはいえ、このボリュームでこのお値段は安いですね!

  • 学生食堂(イメージ3)

    茹で上げパスタA 明太子クリーム 380円 明太子クリームと刻み海苔のパスタです。他の大学ではありそうでなさそうなメニュー。
    他にもサンマ竜田照りマヨ丼が気になりました!

潜入レポート(勝手に)総合評価!!

85点/100点

レポーター評価:6位/18校中
都会にいながら大自然に囲まれているのが高評価のポイントです。
バスが出ている吉祥寺は、住みたい街ナンバー1らしいので便利でいいなと思いました。吉祥寺周辺に住んでいる生徒さんも多いんでしょうね!
英語や中国語で話している学生も多く、国際色豊かな印象を受けました。
武蔵野大学がモットーとする、全学部の学生がともに学ぶ「武蔵野BASIS」はかなり実現できているんじゃないかな。
でもその分広すぎて足は疲れるし、何度か迷ってしまいました(汗)