薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

 

大学情報 とことん調査!

武蔵野大学(メインイメージ)

※2016年現在 偏差値は「2017年度入試難易予想ランキング表」(河合塾)より 薬学科基本データ
所在地 西東京市新町1-1-20 学科 薬学科
TEL (042)468-3200 (入試センター直通) 受験科目 英語 / 数学 / 科学   »詳細はこちら
アクセス JR中央線吉祥寺駅・三鷹駅・武蔵境駅からバス  »地図 学費 初年度納付額計:202万円
»詳細はこちら
偏差値 55.0 国家試験合格率 97.6% 潜入レポ 6位 / 18校中
»レポートを読む
オープンキャンパス »大学HPへ
 
  •  

    特徴は?

    全学部がともに学ぶ「武蔵野BASIS」

    武蔵野大学は、西東京市の自然豊かな環境の中に位置する総合大学です。
    2004年に全学部を男女共学化した本学は、浄土真宗本願寺派の宗門関係学校として1924年に創立され、仏教精神を根幹として学識、情操、品性ともに優れた人格を育成し、各分野のスペシャリストを養成しています。
    武蔵野大学の特徴は、2010年度から文系・理系・医療系の8学部9学科がともに学ぶ、全学共通基礎課程「武蔵野BASIS」を導入したことでしょう。
    これは、基礎課程を体系化することにより、コミュニケーション能力や豊な人間性を養うことを目的としています
    また、さらなる発展のため、2012年には臨海副都心有明に新キャンパスを開設することになりました。緑豊かな武蔵野キャンパスと、発展の中心部である有明キャンパスを獲得したことにより、多くの可能性を手に入れました。

     
  •  

    学ぶ環境

    授業の質向上が期待できる付属施設

    武蔵野大学薬学部は、「薬学科」の1学科で構成されています。
    武蔵野キャンパスは、吉祥寺や三鷹駅からバスで10分ほど。多くの木々で囲まれ、敷地内は豊な自然でいっぱいです。
    大学の付属として、「薬学研究所」が開設されているのも薬学部の学生にとっては大きなメリットです。
    ナノテクノロジーを基本においた分析技術を医療や環境衛生などに応用することを目的とした「超微量分析研究部門」。
    老人、女性に関する薬物の作用や体内道動能、年齢や性別に伴う生理学的、遺伝学的な理解を背景に、新医薬品開発等の基礎的な研究を行う「老人・女性薬学研究部門」。
    医薬品の研究段階から開発段階、そして医薬品の適正使用までを研究する「医薬品開発研究部門」など、興味深い部門を設けており、得た成果を学生の授業に還元し、質の向上に役立てています。

     
  •  

    ここがスゴイ!!

    国家試験の合格率はトップレベル

    充実した施設での多彩な実習プログラムが魅力で、1年次の基礎的な学習の時期から病院や薬局の見学を実施しています。
    医療の現場を肌で感じることで、薬剤師という仕事を意識し、いたわりの心を早くから持つことを目的としており、1年次より実習を重視したカリキュラムを組んでいます。
    学内の模擬保険薬局や、模擬病院薬局での調剤、服薬指導などの模擬学習、実際の薬局や病院薬局での実務実習に加えて、合計12ヵ月におよぶ薬剤師養成のための実習を行います。
    万全の国家試験対策が成されているのも、武蔵野大学薬学部の大きな特徴でしょう。
    本学では、独自の薬剤師国家試験支援プラグラムを実施しています。
    毎年、合格率は平均を大幅に上回り、2011年度は平均44.44%のところ、66.67%という数字を叩き出し、今回ご紹介している20校の中でトップの成績を誇ります。

     
 

編集部より メリットが豊富な薬学部

 

武蔵野大学(サブイメージ) 東京都内にありながら、自然がいっぱいの環境で勉強できるのが、武蔵野大学です。これぞ武蔵野、といった緑豊かな環境で学ぶことができます。
有明にも新キャンパスが開設されるということで、これからの発展にも多いに期待できる大学でしょう。
薬剤師国家試験合格率が毎年トップレベルであることも、薬学部を目指す受験生としては信頼できるポイントではないでしょうか。
また、「住みたい街」として有名な吉祥寺に、バスで行けることが嬉しいですよね。
武蔵野大学薬学部の学費は、初年度納入金2,037,600円で6年間の総額も平均額よりも低め。薬科系大学としてはやや知名度は劣り、学食等の施設もそれほど魅力的というわけではないのですが、人気の街に住まえる点、薬剤師を目指しやすい点なども踏まえてみても、メリットが豊富な大学ではないでしょうか。