薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

 

大学情報 とことん調査!

昭和大学(メインイメージ)

※2016年現在 偏差値は「2017年度入試難易予想ランキング表」(河合塾)より 薬学科基本データ
所在地 品川区旗の台1-5-8 学科 薬学科
TEL (03)3784-8026 (教務部直通) 受験科目 主に数学 / 理科 / 外国語   »詳細はこちら
アクセス 東急池上線または大井町線で旗の台駅下車、徒歩5分  »地図 学費 初年度納付額計:200万円
»詳細はこちら
偏差値 55 国家試験合格率 73.36% 潜入レポ 15位 / 18校中
»レポートを読む
オープンキャンパス »大学HPへ
 
  •  

    特徴は?

    医療系総合大学で他分野に触れる

    昭和大学は、昭和3年創立の「昭和医学専門学校」を母体とし、27年に新制昭和医科大学が設立、39年に昭和大学に改称。医学部、歯学部、薬学部、保険医療学部の4学部6学科で構成されています。
    薬学部は6年制の「薬科学科」の1学科編成で、8つの付属病院において充実した実務実習を行うことにより、質の高い臨床能力を育成することに力を入れています。
    医療系総合大学として、チーム医療で活躍できる薬剤師を育成することに重点を置き、教員が学部の壁を超え、他学部の教壇に立つことも珍しくはありません。
    1年次は、全学部の学生が富士吉田キャンパスで全寮生により学び、2年次からは薬学部は旗の台キャンパスに移ります。旗の台キャンパスでも医学部と歯学部が同じキャンパスで学ぶため、医療系他分野に触れる機会が多いことが昭和大学の特徴です。

     
  •  

    学ぶ環境

    チーム医療教育に最適な環境

    これからの医療現場で求められるのは、医師や看護師などと共に医療チームの一員として、患者中心に適正で安全な薬物治療を積極的に行える薬剤師です。
    チーム医療に重点を置いたカリキュラムを設けている薬科系大学も増えてきましたが、昭和大学薬学部では、これからの時代に必須のチーム医療を多いに学べる環境が整っています。
    例えば、1年次には、医療人マインドの獲得と共感のため、初歩的な医療コミュニケーション実習を4学部合同で実施。討議や発表も含め、学部合同実習を多く導入したりと、6年間にわたり、国家資格対策だけでなく、チーム医療で活躍できる人材を育成していきます。
    2年次からの旗の台キャンパスでは、付属病院を利用しての講義や実習を実施。
    品川区に位置するため、自然豊かな環境ではありませんが、都心ならではの充実した設備が整えられています。

     
  •  

    ここがスゴイ!!

    1年次の全寮生が大切な経験に

    昭和大学の素晴らしい特色として一番にあげられるのが、全学部1年次は富士吉田キャンパスにて全寮生で学ぶということです。
    富士吉田キャンパスは、雄大な富士さんの裾野に広がる清々しい空気と美しい自然に恵まれたキャンパスです。
    全寮生ということで、学生の中には不安を抱く方も多いようですが、1年が終われば大変素晴らしい経験として心に残るはずです。
    実際に、口コミにも全寮生を肯定する意見が多く見られ、学力よりも、医療人として必要な協調性や人間性が培われることに、感動すら見出している方も多いよう。1年間の寮生活を乗り越えた学生でなければ得られない感動が、ここにはあるのです。
    大自然という環境を活かし、グラウンドやテニスコート、野球場やラグビー場、馬場などの体育施設が充実しており、クラブサークル活動が大変活発であることも特徴。

     
 

編集部より 医療人としての心を育める大学

 

昭和大学(サブイメージ) 昭和大学薬学部は、チーム医療を率先して学べる大学であり、医療の現場で活躍できる薬剤師を目指すには適した大学だといえます。
全寮制にも賛否両論あるものの、全学部の1年生が起居をともにしながら学部をこえて友情を育んでいくことは、医療人として必要な人間性や協調性を育むためには大変有効な方法なのです。
富士急ハイランドも近いため、時には仲間と遊びに行く、という息抜きも良さそうです。
教授や講師の数も多く、生徒5.3人に教員1人の割合に。(単純に全教員を全学部学生で割ったため、正確な数字ではありません)
昭和大学薬学部の学費は、全寮生のため2,796,000円と初年度納入金は高め。ただし、2年次以降は今回ご紹介している大学の中でも1、2を争うほどの安さであり、1年次の生活費が含まれることを考えると、総額ではかなり安い方に入るでしょう。