国公立薬学部の偏差値一覧

学費の関係などで“どうしても国公立が良い”という受験生のために、今回は国公立薬学部の偏差値リストを紹介したいと思います。センター試験と独自試験の2段階選抜になる上、全体として非常に入試のレベルが高い国立、公立の大学。なかなか国公立一本に絞るというのは難しいと思いますが、挑戦する価値は充分にあるはずです!
ちなみに国立の場合、センター試験は5教科7科目となり、文系科目についても受験しなければなりません。暗記事項の多い地歴公民、理系受験生が往々にして苦手意識を持っている国語(特に古典)を学習するのは骨が折れると思いますが、早め早めに計画を立てて、是非とも来春を合格を勝ち取って頂ければと思います。

2014版!国公立薬学部の偏差値リスト

それでは、実際に国公立薬学部の難易度を見ていくことにしましょう。一般に3大予備校と呼ばれる駿台予備学校、河合塾、代々木ゼミナールそれぞれの偏差値を掲載していますので、ご自分の模擬試験結果と見比べて、志望校選定にご活用ください。

大学名           駿台    河合塾   代々木ゼミ
東北大学(薬学科)     60 62.5 63
千葉大学(薬学科)     58 65 66
金沢大学(薬学・創薬科学) 56 57.5 62
富山大学(薬学科)     53 55 61
富山大学(創薬科学)    53 52.5 58
京都大学(薬学科)     62 67.5 68
京都大学(薬科学科)    63 65 68
大阪大学(薬学科)     62 65 67
大阪大学(薬科学科)    62 62.5 66
岡山大学(薬学科)     56 62.5 63
岡山大学(創薬科学)    56 60 61
広島大学(薬学科)     56 60 63
広島大学(薬科学科)    56 55 63
九州大学(臨床薬学科)   59 62.5 66
九州大学(創薬科学科)   59 60 63
長崎大学(薬学科)     54 62.5 62
長崎大学(薬科学科)    55 57.5 61
熊本大学(薬学科)     54 60 60
熊本大学(創薬・生命薬学科)54 57.5 62 

サブコンテンツ