薬学系の資格を紹介!薬剤師以外の道も!?

薬学部志望の方に限らず全ての受験生にいえることですが、高校3年、18歳くらいの時期に将来の職業を100%決めている人はほとんどいらっしゃらないと思います。薬学部を視野に入れてはいても“本当に薬剤師に決めちゃって大丈夫かな…?”と逡巡している方も少なくないでしょう。
しかし、別に薬学部だからといって、薬剤師以外の道が閉ざされるわけではありません。実は、薬学部出身者が取得できる資格は他にもたくさんあるのです。こちらでは“薬学部に行きたいけれど、将来の夢を薬剤師1つに絞るのはまだ不安”という方に向けて、薬学部生が狙える資格について紹介させていただきます。

薬学部の卒業生が狙える資格とは?

薬学部を出た後に受験できる資格は多くありますが、ここでは比較的、職業に直結しやすい資格に絞ってご紹介することにしましょう。

・甲種危険物取扱者

消防法などの法令によって、火災を起こしやすい物質を取り扱うことは制限されており、事業者として扱うためには危険物取扱者の資格が必要。そのうち、甲種は乙種、丙種といった危険物取扱者資格の最上位に位置する資格で、第1類〜6類に分けられている全危険物を取り使うことが可能です。

・向精神薬取扱責任者

基本的に、麻薬および向精神薬取締法によって、一般人が向精神薬を取り扱うことは制限されています。向精神薬取扱責任者であれば、向精神薬を管理、保管することが認められます。

・麻薬取締官任用資格

特別司法警察職員として、流通ルートの捜査などを行う仕事。おとり捜査など、一般犯罪に対しては認められていない手法を行うこともあり、危険もありますが、治安維持には欠かせない役割といえます。

薬学部からは、以上のような資格取得を目指すことも可能ですので、まだ薬剤師1本に絞り切れていないという方でも、充分に進学するだけの魅力があるのではないでしょうか。

サブコンテンツ