薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

 

大学情報 とことん調査!

京都大学(メインイメージ)

※2016年現在 偏差値は「2017年度入試難易予想ランキング表」(河合塾)より基本データ
所在地 京都府京都市左京区吉田下阿達町 学科 薬学科・薬科学科
TEL 075-753-4514 受験科目 5教科7科目(センター試験)
国語・外国語・数学・理科(2次)
アクセス 京阪線「神宮丸太町」駅より徒歩10分  »地図 学費 81万7,800円(初年度総額)
偏差値 65 国家試験合格率 77.78% オープンキャンパス »大学HPへ
 
  •  

    特徴は?

    就職実績は関西でも圧倒的!

    東大と双璧をなす国内最難関なので当然といえば当然ですが、京都大学薬学部の就職実績は群を抜いています。製薬会社に入る卒業生が多く、大塚製薬、東和薬品、塩野義製薬、アステラス製薬、久光製薬、エルメッドエーザイなどが主な進路。また、医薬品医療機器総合機器、京都府など公務員として就職する人、次第の教員になる人も少数ながら存在します。
    どれも全国の大学生がうらやむような一流企業、安定した進路ばかりで、やはり京大ブランドの強さがうかがい知れますね。時折“今時は学歴でどうこうなるわけじゃない”などと言い張る人もいますが、やはり有名大学を出たほうが有利なのは間違いありません。入学するのは難しいですが、学力的に可能性があるならチャレンジする価値は充分でしょう。

     
  •  

    学ぶ環境

    グループ担任制を採用しており、面倒見の良い大学!

    近年、中堅大学を中心に担任制度を採用する大学が増えていますが、難関大学は学生の自立心を尊重する……、悪く言えば放任主義が多いです。しかし、京都大学薬学部は日本最難関の一角でありながら、グループ担任制を採用。学生10人に教員1人という配置になっており、かなり密にサポートしてくれます。 京大というイメージから、“みんな自分で勉強していて、殺伐とした雰囲気なのかな”と誤解している人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。むしろ、どちらかというと学生へのサポートを惜しまない校風と言えそうです。
    実際、入学後には1泊2日の新入生合宿を行うなど、友達が増えそうなイベントも盛りだくさん。自由にのびのびと学生生活をしながら、メリハリをつけて“やる時はやる”という姿勢が歓迎されるようです。大学ごとに校風が違いますから、なるべく自分に合った校風の大学に行くことも、楽しいキャンパスライフを送るコツといえますね。

     
  •  

    ここがスゴイ!!

    大学院に進学する学生が多い!

    京都大学薬学部には6年制薬学科、4年制薬科学科がありますが、特に薬科学科は大学院進学を目指す人が多くなっています。2014年度に薬科学科を卒業した学生は、なんと47名のうち44名が大学院の薬学研究科に進んでいるのです。
    そもそも京大は、薬学部定員80名のうち、薬科学科が50名。全体としても過半数が大学院に進学しています。将来的な大学院進学を視野に入れているなら、京大薬学部はうってつけと言えるでしょう。
    6年制薬学科から大学院に進む人はほとんどいませんが、これは最初から6年制なので致し方ないところ。ただし、選考に通ればストレートに博士課程に進むこともできますので、薬剤師資格を取りつつ大学院……という道もないわけではありません。

     
 

編集部より 研究職志向の方に適した大学

 

東京薬科大学(サブイメージ) 就職実績は抜群、大学院進学率も高い……とまさに良いことずくめの京大。しかし、実はひとつだけ気になるデータが存在します。それは、第100回薬剤師国家試験合格率が77.78%となっており、国立大平均の75.07%を若干上回っている程度であること。京大の偏差値、ブレンドネームを考えれば、少し物足りない数字です。さらに、2014年度の卒業生で薬剤師になったのはわずか3名。どちらかというと大学院を経て研修職を目指す人に向いた大学で、薬剤師志向の人には向かない印象です。
大学の知名度、レベルも確かに重要ではありますが、自分の希望に適しているかどうか……も考慮したほうが良いかもしれません。