薬学部ランキングであなたの夢を叶える学校が見つかる!

比較データも潜入レポートも薬学部ランキングにおまかせ!ぴったりの学校を選んで、充実の学生生活を送ろう!

 

大学情報 とことん調査!

東京薬科大学(メインイメージ)

※偏差値は「2019年度入試難易予想ランキング表」(河合塾)より参考にしています基本データ
所在地 八王子市堀之内1432-1 学科 医療薬学科・医療薬物薬学科・医療衛生薬学科
TEL 042-676-5112 受験科目 主に外国語 / 数学 / 理科   »詳細はこちら
アクセス 「豊田駅」よりスクールバス15分
京王「平山城址公園駅」より徒歩18分
京王「京王堀之内駅」よりバス8分  »地図
学費 234万円(初年度総額)
»詳細はこちら
偏差値 52.5~55.0 国家試験合格率 81.16% 潜入レポ 6位 / 18校中
»レポートを読む
オープンキャンパス »大学HPへ
 
  •  

    特徴は?

    歴史ある薬科大学だからこその特色

    2020年に創立140周年を迎える東京薬科大学は、私立で初めての薬学部と、日本で初めての生命科学部を設置した大学です。
    独自のカリキュラムを持つ薬科大学も多いですが、東京薬科大学のシステムは特に特色があるものだといえます。まず、男子部・女子部にわけて募集。
    そして、薬の専門家として専門的要素をオールラウンドに身につけるという目的から、6年制である薬学部は4年次からの学科配属になります。
    学科は、「医療薬学科」「医療薬物薬学科」「医療衛生薬学科」の3学科。
    医療薬学科では、医療従事者としての高度な薬剤師能力を育成。
    医療薬物約学科では、科学技術の進展に合わせ、創薬研究に挑戦できる人材を育成。
    医療衛生約学科では、老年期医療、再生医療、予防医療などに卓越した知識や技術を身につけた薬剤師や研究者の育成と、それぞれのスペシャリストの養成を目的としています。
    伝統を貫き、独自のカリキュラムが学生の勉学にも良い影響をもたらしていて、当サイトで調査した偏差値ランキングではやや高め。中クラスではあるものの、今後も上昇してくる可能性はあります。詳細は『大学別!関東私学薬学部の偏差値一覧はこちら』をご覧ください。

     
  •  

    学ぶ環境

    国内でも有数の規模を持つ施設・設備

    東京薬科大学キャンパスは、緑に囲まれた広大な敷地の中に位置します。
    広々としたキャンパスだけあり、国内の薬科大学でも有数の規模をもつ図書館や、情報センター、講義室など、学習をする施設が大変充実しています。
    また、提携施設に、東京医科大学病院や杏林大学医学部付属病院をはじめとする多数の病院や薬局を持っているのも東京薬科大学の強みであり、生命科学部の学生は、卒業研究を東京医科大学にて行うことが可能となりました。
    2008年には最新の設備を備えた事前実務実習施設が完成し、2010年には学生食堂や談話室がある学生会館が完成、2011年には研究4号館が完成しました。
    伝統を受け継ぎながらも、常に快適なキャンパスライフを追及している東薬。このような設備が整った環境だからこそ、国家試験の合格率にも良い影響が出ているのでしょう。直帰の合格率は81.16%と平均を上回っています。他大学と比較したい方は『最新版!薬剤師国家試験の合格率一覧表はこちら』をご覧ください。

     
  •  

    ここがスゴイ!!

    「名門」と、揺るぎない伝統

    東京薬科大学のすごいところは、古くから薬科大学の「名門」とされ、大学へのアクセスがあまり便利でないにも関わらず、薬学を志す学生たちが全国から集っていることでしょう。
    また、これだけ伝統が息づく薬科系大学は、東京薬科大学くらいかもしれません。
    男女別の教育カリキュラムを設けていた大学も、近年はカリキュラムを統一し、完全共学になっている学校がほとんどです。
    しかし東薬では、男女それぞれの専門学校として発足した歴史を持ち、一つの学校になってからも男女別に学ぶ伝統が継承され、現在に至っているのです。
    高校で「生物学」「物理学」を履修しなかった学生向けに、「生物学入門」「物理学入門」を一年前期に開講しているなど、薬学専門の学習へスムーズに移行できるよう、カリキュラムに配慮されているのも、嬉しいポイントです。

     
 

編集部より 男子からの評判が高い!

 

東京薬科大学(サブイメージ) 薬学部や薬科大学というと、どうしても女子の割合が多くなってしまうものです。
出席番号順に座ると、両隣が女子…ということに肩身の狭い思いをしている男子も少なくはないのだとか。
しかし、東京薬科大学では、男女別に受験をし、卒業研究までは男女別に授業を受けるため、他の大学でよくある「男子が肩身の狭い思いをする」こともないといえるでしょう。
そういった点からか、男子からの評判がかなり高い大学です。
東京薬科大学の学費は、初年度納付金と6年間総額ともに平均よりやや低めです。ランキングで確認したい方は『関東私立薬科大学・総合大学薬学部の学費一覧表はこちら』をご覧ください。
都心からやや離れアクセスも決して便利とはいえませんが、薬科系大学の「名門」であり、伝統が息づいた大学です。国内薬科大学の中でも屈指の規模を誇る施設・設備の中で学べることは自分自身の大きな自信につながるはず。

 
 
 

東京薬科大学オープンキャンパス

日程: 2019年6/16(日)(事前申込制)・8/3(土)・8/4(日)・8/18(日)
開催時間 10:00~16:00(開場9:30から)
5月頃申し込み開始
【参考】昨年6月オープンキャンパス実績
イベント内容

◆学部長挨拶・模擬講義

内容は薬学部・生命科学部どちらを志望する方でも楽しめるものとなっています。
ぜひご参加ください。


● 薬学部 10:00~10:50
薬剤師も知りたいスキンケア基礎知識:皮脂って悪玉?善玉?
薬学部 生化学教室 佐藤 隆教授
みなさんは“皮脂”から何を連想しますか?ニキビ、肌のテカリに関わるやっかいなもの!でも皮膚表面に分泌された皮脂があるから、外的刺激から身を守り、生体水分の蒸散を防いでいます。皮脂の役割に目を向けて、本来の“スキンケア”を考えてみましょう。

● 生命科学部 10:00~10:50
傷ついた神経は再生できるのでしょうか
生命科学部 分子神経科学研究室 山内 淳司教授
多能性幹細胞が発見され、それを人工的に作成することができるようになり、再生医療も夢の医療ではなくなってきました。本講義では、iPS細胞がどのようにできるのか、そして神経再生へ、それはどのように応用されるのか、研究の「今」を概説したいと思います。

◆入試対策講座

入試の傾向と対策を本学教員が解説します。

●薬学部 入試説明・入試問題(AO・推薦入試対策)解説
開催時間:11:00~11:50 13:30~14:30

●生命科学部 入試説明・受験対策
開催時間:11:00~11:50 13:30~14:30

◆学生のトークライブ

在学生がキャンパスライフを語っています。
他にも、病院実習・海外研修などのトークライブを動画で確認して、ミニオープンキャンパスに参加するためのご参考にして下さい。
(HPから動画を見ることができます。)

◆保護者のための説明会

学生生活・奨学金・薬学部、生命科学部の就職について説明いたします。
皆様ふるってご参加ください。
12:00~12:50

◆東薬生とのフリートーク

東薬生と話をしてみませんか?
学生生活・部活動・サークルなどについて気軽に聞いてみて下さい
11:50~16:00(最終受付15:30)の間、随時

◆キャンパス見学

東薬生が学内の施設を学生生活の様子などについてお話しながらご案内します。
※1回の見学ツアーは約40分間となります。
【見学ツアー出発予定時刻】
11:00、12:00、13:00、14:00、15:00
※薬用植物園見学ツアーも実施

◆個別(受験・奨学金・寮)相談

受験相談では、教員が入試はもちろんのこと、学部の授業の内容や特徴、学生生活や卒業後の進路などの質問にお答えします。奨学金相談では、奨学金担当の職員が個別に対応いたします。
10:00~16:00(最終受付15:30)の間、随時

◆クラブ・同好会紹介コーナー(掲示)

本学のクラブ・同好会を紹介します。「よく学び、よく遊ぶ」。
クラブ・同好会が盛んなのも本学の自慢の一つです。
学部・学年を超えた交流が充実したキャンパスライフに色を添えます。

◆学食体験

オープンテラスのある学生会館の学生食堂で、
ぜひ、本学の食堂を体験してみてください。
時間 11:00~14:00
東薬生に人気のメニューをご用意しています。

◆その他

服装は自由で構いません。お気軽な服装でお越しください。
本学までのアクセスはアクセスマップ・バス時刻表でご確認ください。
駐車場を用意しておりませんので、自家用車の利用はご遠慮ください。
自家用車で来られる場合は近隣の有料駐車場をご利用ください。